温泉は単にお湯を楽しむ以外にも、さまざまな体験ができるます。

温泉の熱で料理

温泉のお湯に卵を入れて温泉卵を作ったり、温泉の蒸気が出るように設計されたせいろを使って野菜やお肉を蒸したりして食べることができます。調理が禁止されている場所もあり、温泉を使って調理をする場合は必ず許可された場所で行いましょう。

また、温泉街では温泉で調理された温泉卵を販売している所も多いです。お土産として買って帰るのもありです。

温泉水を飲む

温泉の質によっては飲泉が可能です。温泉水を飲むことは健康によいとされ、実際に販売もされています。しかしながら、どの温泉水も飲めるわけではないので注意が必要です。必ず保健所から飲泉許可がでている温泉水を飲みましょう。

浴衣を着る

温泉旅館に宿泊すると、部屋着として浴衣が貸し出されます。日本では生活文化の欧米化により、普段の生活で浴衣を着ることがなくなりました。浴衣を着ることで、新鮮な感じを味わうことができるのではないでしょうか?温泉旅館によっては、可愛らしい柄や色付きの浴衣も用意されています。

アクティビティやオプショナルツアーに参加する

温泉旅館などでは、ゲストに喜んでもらうために様々な企画を用意している所もあります。例えば、モーニングヨガ、クラフト作り、星空観察会、子ども向けの虫取りツアーなどです。

また、周辺に観光地がある場合、ホテルからオプショナルツアーに参加することも可能です。スキー場や遊園地などが近くにある場合は、ホテルの宿泊料金とレジャー施設の利用料金がセットになったプランもあります。別々に購入するよりもお得である場合が多いですので、そのようなプランがないか事前にチェックしてみるとよいでしょう。