温泉に行くといっても、かかる費用は旅のスタイルによって異なります。「ゆっくり宿泊して疲れを癒やしたい」「憧れの秘湯に行ってみたい」「有名な温泉付き高級旅館に泊まりたい」「温泉だけじゃなく、美味しい料理を食べたい」など、温泉を選ぶ際の条件は人それぞれです。もちろん、日本では温泉は全国各地に湧き出ており、日帰りでも十分温泉を楽しむことができます。

温泉はお金がなくても楽しめる

温泉にかかる費用は、結論から言うと円〜無限大です。

日本には、足だけ浸かることができる「足湯」と呼ばれる温泉施設が数多く存在します。そんな足湯スポットは無料の場合が多く、有名な温泉街や駅などに「足湯」を楽しめる場所があります。また、無料で楽しむことができる温泉もありますよ。

例えば、大分県にある「ガニ湯温泉」は24時間365日開放された無料の温泉です。

川の中に石で囲われた露天風呂がポツンとある感じで、周囲に遮るものはありません。混浴となっており、入るのに少し勇気が必要ですが、女性は水着を着用して入浴することができます。

温泉に入浴するだけの場合は、「日帰り入浴」と呼ばれ、300円〜1,000円程度で温泉に浸かることができます。

温泉旅館に宿泊する場合、2食付きで8,000円〜30,000円は相場となっています。なかには部屋ごとに専用の露天風呂が付いた、贅沢な料理が夕食や朝食に提供される高級な宿泊施設もありますが、価格は1泊5万〜10万円程度となっています。

そのほかにかかる費用と言えば交通費です。電車または車で行ける距離なのか、それとも新幹線や飛行機に乗ったほうがよいのかといった交通事情は訪れる温泉によって異なります。なお、交通費と温泉の宿泊費がセットになったお得なパックやツアーを用意している旅行会社もあります。