江戸風呂

江戸風呂 放光秘湯

江戸時代の大衆浴場を再現した大浴場〝江戸風呂〟。
入口から湯屋(ゆうや)の粋な雰囲気が漂い、伊豆石や焼き杉を使用したノスタルジックな空間は、情緒たっぷり。浴場と洗い場、脱衣所が一体となった江戸時代の造りは、旅人同士の会話も自然と弾みそうです。

■入浴時間/5:00~24:00

男湯

男湯

高い天井に響く湯音や、大きな窓に広がる山の景色が風情を醸します。

女湯

女湯

男湯よりこぢんまりとしていますが、女性の方が多い時は入れ替えをいたします。

湯屋(ゆうや)のうんちく

引用/豊原国周作『肌競花の勝婦湯(はだくらべはなのしょうぶゆ)』

家康が江戸入りした翌年・天正19年(1591)に 、 江戸の銭瓶橋(ぜにかめばし)に湯屋の第1号が開業しました。
町人や商人の家に風呂はなく、みんな銭湯に行きました。江戸一番の呉服屋「越後屋」でさえ、風呂はなかったそうです。
江戸末期の湯屋の構造は、浴槽だけが男女別で、脱衣所、洗い場は男女の境がなく、ほとんど混浴同然だったとか。

露天岩風呂 香炉の湯

露天岩風呂 香炉の湯は、野趣あふれる石造りのお風呂です。
昔、修禅寺の一角に香炉峰(当館の近く)が位置しており、長寿を全うした人が多かったことから〝香炉の湯〟と名付けられました。どうぞ健康長寿の湯としてお楽しみください。
露天岩風呂は、無料で貸し切りが可能です。
ご到着時に貸し切りのご予約を承りますので、フロントにお申し付けください。
■入浴時間/5:00~24:00
 貸し切り入浴時間/15:00~18:00

修善寺温泉

泉質 アルカリ性単純泉
効能 腰痛、筋肉痛、肩こり、五十肩、神経痛関節痛、慢性消化器病、痔疾、運動麻痺、冷え性、アトピー
ページの先頭へ