修善寺観光

昔ながらの面影と人情が心地いい、伊豆修善寺

街の中心には桂川が流れ、温泉宿や飲食店が建ち並び、歴史・花見・観光など、見どころ満載のスポットです。

修禅寺

修禅寺

大同2年(807)、弘法大師の開山と伝わる古刹です。源頼朝の弟・範頼が自刃し、長子頼家が暗殺された場所としても有名です。岡本綺堂の戯曲『修禅寺物語』はこの史実を題材にして書いたものとして知られています。

独鈷(とっこ)の湯

独鈷(とっこ)の湯

修善寺の観光名所であり、温泉街のシンボルともなっている「独鈷(とっこ)の湯」。
桂川に湧く修善寺温泉の起源とされ、かつて修善寺の町が、湯治客や地域の生活浴場として賑わった時代の、少なくとも9つ以上あったとされる外湯のひとつに数えられています。

虎渓橋

別名・あこがれ橋とよばれる、修善寺の目の前にかかる橋です。願いを込めながら渡ると、恋が叶うといわれています。

竹林の小径

朱塗りの桂橋から滝下橋まで桂川に沿って整備された約400mの散歩道。両側に竹林がのびる石畳の道を、清流のせせらぎを聞きながら散策できます。

指月殿

暗殺された源頼家の冥福を祈って実母、北条政子が建てた経堂。お堂の中心には鎌倉期の作品である釈迦如来坐像が安置され、静岡県の文化財に指定されています。

河原湯(足湯)

散策途中の一休みにぴったりな足湯です。この足湯付近には、その昔「河原湯」があり、共同浴場として地域住民や観光客に親しまれていました。このことから、この足湯を「河原湯」と命名したといわれています。

修善寺 梅林

広大な修善寺自然公園の中にある梅林です。樹齢100年以上から若木まで、白加賀や青軸など約20種類、1000本の紅白の梅が植えられています。2月上旬~3月上旬まで、長い期間楽しめます。

ページの先頭へ